新型コロナ対策で診療所へ新規導入!@セネガル

昨年秋にセネガル保健省に納品した最後の一台が、先週末にCOVID-19対策でマッタム地方へ納品された。

未電化地域で新築した公営診療所で、小型で携帯可能なTUMIQUI SMART KITを、保健省のエンジニアが首都ダカールから持っていってくれて、僕らのメンバーではなく、そのエンジニアが診療所の方達に説明してくれて無事に設置が完了したとの事。素晴らしい!ありがとうN氏。

というのは、セネガルも非常事態宣言下で外出制限あり、感染を避けるためにメンバーによる設置を避けたく思っていたが、保健省調達局長自ら電話が来て、急を要するとの事。

どうしようかと日本とダカールで打ち合わせたが、同行者予定だった人は、すでに何度も我々の設置に同行してくれた馴染みのエンジニアであり、写真入りのマニュアルに加え、セネガルメンバーの機転を効かせたビデオによる使い方の説明加え彼に託し、快く引き受けてくれた!

結果、無事にスムーズに納品が叶った。

これは我々にとって嬉しい知らせと実績で、広大なアフリカでも一件一件我々が訪ねなくとも、このエンジニアの様に、設置経験と説明力のある人が育てば、きっとアフリカのどんな国で、どんな言葉であろうが、アフリカの同じ文化と言葉を持つ方々で広めていける事が確認できた事でもある。

我々は一人でも多くの人に電気と通信を届ける事を考えるに、一番面倒とも言われていたが、セネガル政府へのアプローチたるB2G政策を基本に進ていた。そして1年後には保健分野に着目し、セネガル保健省大臣・事務次官と連携開始。

それを元に、10箇所の診療所で、この今も非常に助かると使ってもらえ、その実績からセネガル政府の信頼を掴んだ。
とんでもない苦労の連続だが、全て思っていた絵の通りに叶っている。

TUMIQUI Smart Kitは電気のみならず、先生やその家族の方々などがインターネットにつながる。電話やSMSなど限られた情報源からだけでなく、Googleも使える様なれば、多くの情報を得て正しい判断をとれ、感染拡大に対しても不安感を下げ、暴動の危険性すら下げる事も可能だ。

診療についても事、セネガルのCMU保健システムに先生方が繋がれる事で正しい保健制度の上で診察を提供できる医療の貢献にも寄与する事は昨年末に確認できた。

さらには、このCOVID-19対策について、資金調達によっては消毒などについても可能な方法もあるし、まだまだ貢献できる絵だけは無限にある。

日本やセネガルでも、外出禁止は残念ながら感染拡大数の影響から続くが、人や社会の営みは最低限の動いている。

僕らは日本にいながらも少し前向きになれたのは、この2年で起こして来た日本の民間スタートアップ によるセネガルの医療貢献へのムーブメントは、ゆっくりだが止まってはいない。

元気の出るニュースは前向きに気持ちを切り替えていこう!